錺のジュエリー職人中村裕也の日記~GRIM Works Jewelryデザイナーズ日記~

☆何事もコツコツ積み上げていく☆という精神で一日を使い切るように地道に進みます。

目立てば良いというものではない。人生や経営者・人格とは何か。

Pocket
LINEで送る

目立てば良いというものではない。人生や経営者・人格とは何か。
今日はそんなタイトルの要素を含めて個人的日記を書いています。

 

丁度いい記事を読んだので引用しながらなんですけど、、。

すぐれたリーダーは「影が薄い」「存在感が薄い」のが理想、、という一つの考え方・捉え方を
説明した記事だったんです。

「子貢という弟子が「立派な人物とは、どういう人ですか」と孔子に尋ね、孔子はこう答えます。それは自らの振る舞いに恥を持てる人だ、と。

「恥」とは、自己啓発の根本です。自分の言葉や行動に対して恥を持てるか。たしかに、これは人間の質を大きく左右するでしょう。社内政治が上手だったり、小狡いやり方で自己保身をしてきた結果、大きな企業で出世を果たしている人もいます。そんな人に感じるのは、やはり「それで恥ずかしくないのだろうか」という思い。たしかに、ルール違反ではないし、表立ってとがめられることもありません。」

こんな内容の一文がありました。

{なるほどね}と感じましたね。

昔・日本がバブル期の頃って、大手の企業さんの社長なんてメディアにそう登場してこなかったようなイメージがある。

勿論今は、戦略的にSNSなどを通じて表に出てアピールするところもありますよね。。
ユーチューバーなんてまあ、すんごいもんじゃないですか 笑
目立ってなんぼじゃい!みたいな 我先に感がすごすぎる。

リーダーは興奮と安心を、、

ボクもYoutubeを2つやってみましたが、やはり性格あってのものなので、ああいう出演の仕方ができなかったですね。

職人気質な部分もあって。

でも小学生の頃は 6年間も少林寺拳法習っていた。理由は、、ジャッキーチェンのようなアクションスターになりたくて。笑
なので中2くらいまでは目立ちたがり屋さんでしたね。
段々と、、控え目というか ま、そんなガキ大将みたいな立ち位置にはなりたくないなという気持ちの変化が現れたんですよ。

もしかしたら、今でもネットで目立とうと必死なおっさんとか若者とかは、、、
幼少期に目立てなかったか、目立っていたガキの頃の思考のまま成長できていないのでは、、なんて感じたりします。
あくまで個人的な意見ですけどね 笑

ガキ大将と言えばジャイアン

話は記事の線に戻して、、

そこでたとえ話だと ソニーの創設者盛田昭夫さんの名前を出して例えています。
ボクなら松下電器の創業者 松下幸之助さん を思い出すんですが。
どうだ!俺は社長だぜ!ってタイプではない。

今だと楽〇や元ZOZOのなんとかさん達みたいに存在や私生活・金持ちアピールする社長さんも増えてきたわけですよね。
まあ、おいらもそうなったときにどういう心境の変化になるかはわからないし、ある意味お楽しみな部分でもありますが、、

「恥の精神」は常に持っていたいなあ。
そして「恥」をかくことにも恐れない。失敗してもくじけない。
そうしてひたむきに我が道を生きたい。

他人の何かに、、目線や言動・力 降りかかる火の粉や 返ってきたカウンターパンチにも 笑
そう、外部の力に影響されたくないのだ★

最後に記事の一文をもう一つ

「最後に、少し雰囲気の違う老子の言葉も取り上げておきます。  古のよく士なる者は、微妙にして玄通し、深きこと識るべからず。

昔から優れた人というのは、つかみどころがなく、よくわからない。奥深く、何事にも通じていて、底が知れない。そんな意味合いの言葉です。

「玄通」の「玄」とは「玄人」という意味。優れた人というのは、玄人しか通用しない世界を持っている、言わば「プロ中のプロ」ということ。いろんなことを知っているでしょうし、1つのことに没頭して、深く考え込んでしまうと、周囲はいったい何を考えているのかわかりません。そんな「つかみどころのない、凄みにある人」もよくいるでしょう。  優れた人というのは、そんなに単純には表現できない、ということです。たとえば西郷隆盛などは、人懐っこい性格で、こんなに優しい人はいないと感じさせる一方で、とても同じ人物とは思えない冷酷非情な決断をすることもありました。

 

アピールしまくり 嘘かホントか 本性か偽りか、、わからん取り繕った小賢しい人間にはなりたくない。
そういう人物も相手にはしたくない。駆け引きも御免だ。ざっくばらんでいたい反面
簡単に底が知られたら それは困る 笑
何年もかけて、じっくりコトコトわかってもらえればいいんですが、世の中はそうもいかない。
おれは賛否両論なのだから。そういう人間なのさ。。。と空を見上げる時もある☆彡

深いんだけど、単純なような、、

深い事はよりやさしく。やさしい事はより深く、、話せたらいいなと これも良くボクが使い、自分に言い聞かせている信念でもあります★

はい!今日はこんな内容でしたが、最後まで見て頂いた方 いつもありがとうございます♪

GRIM Works Jewelry 代表・職人・デザイナー:中村裕也 より

Pocket
LINEで送る

次へ 投稿

前へ 投稿

コメント入力  【この更に下からはFacebookアカウントでコメント欄からのコメントが可能となっております♪ お友達の方・そうでない方☆お気軽にコメント頂けたら幸いです! 「Facebookにも投稿」にチェックを入れた状態でコメントされた場合、そのアカウントのフィードに公開投稿されることになります(嬉)!♩】

© 2021 錺のジュエリー職人中村裕也の日記~GRIM Works Jewelryデザイナーズ日記~

テーマの著者 Anders Norén

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。