錺のジュエリー職人中村裕也の日記~GRIM Works Jewelryデザイナーズ日記~

☆何事もコツコツ積み上げていく☆という精神で一日を使い切るように地道に進みます。

「根に持つなよ」他人を見て感じる事の大切さ★

Pocket
LINEで送る

はい、今日はタイトルが意味深ですね。

ブログも上げないとなあ、、と感じて少し久々に何も考えずにキーボードを打っています。

今は外は曇っている。

ふと思い出した過去の出来事。

 

「今日は曇りだから心が落ち着いている。雨の日はもっと好きだけど・・・ 笑」

そうよく言っていた。今から数年前まで友達だった女性のセリフ。

その子との出会いは、僕がまだ21歳位の遊び人だった頃、地元のキャバクラ(スナックか)みたいな所に一人でたまに行っていたお店があって、そこで指名してた18くらい歳の子。 見た目は綺麗でしたがヤンキーでしたね 笑

 

松戸の暴走族(レディース)に在籍中だけど保護観察やらで茨城に一人暮らししていた。

おいらも若かったのもあるんですが、妙に気が合った。
自分は現役なんであれですが、裕也さんとは現役引退したら○○したいです。
なんだか熱い子だなあ、、苦笑
でも僕はそういうのが嫌いじゃない。むしろ好きだ。

45歳になった今も、仕事でもプライベートでもそういう感じのほうが気が合うし、
大半のそうじゃない人からはむしろ好かれない(苦笑)

さてその頃はそのまま松戸に帰ってしまったその子でしたが
おいらが都内にいたころ、、もう何年もたってから、電話が来ました。
昔の携帯みたらおいらの番号があったから電話したのだとか。
久々だね★と言いました。

最近どうしてるの?結婚でもした? と普通にありそうな会話をしたのですが、
少し状況が違うようだ。
なんでも暴走族引退して、おいらはその頃地元茨城に師匠とお店出していた(ジュエリーやさん)ので、そこに酒かって祝いに行ったらお店においらがいなかった(確かに師匠と喧嘩してボクは店をやめましたので)。携帯もその時は番号が解らない(おいらの)ので、困ったと。

松戸に帰って、夜の世界の仕事をして、まあ暴走族も無事辞めたし、はっちゃけた時期もあったと。

(・v・)ほうほう、、 と聞きますわな。
でもいつ頃からか 精神を病んでしまい、酒呑んでマンションの屋上から自殺未遂をとめられ、精神病院で拘束されたとか。
聞いていると、どうやら精神疾患なのに酒も飲むしで、その時に
相手に(友達とか)すごくひどい態度をしちゃう。それに対して後々すごく後悔して更に落ち込むの繰り返し(悪循環)。

今は何とか実家暮らしで ほそぼそバイト(あまり人と接しない仕事)して、家にいるペットの亀だけが生き甲斐だと。

「あ~あ・・なんでアタイこんなに地味な人間になっちゃったのかなあ・・」

「・・・苦笑  別に、意外とさ、元々性格は地味なのかもしれないよ?俺は当時からそう感じてはいたけどなあ、、 笑  そんなに悲観することでもないよ。俺も今は地味さ 笑」

 

何度か会いました。やはり2人で酒を飲むと、最初は普通な感じのいい子なんですが一気に豹変する 笑

(・v・:)なるほど、、これかあ、、というくらい、まあ、もと暴走族のねーちゃんなので気合の入った豹変ぶりでもある 笑

さて、、この話の本題はここからなんです★

基本 両親のこともありボクはガキの頃からも含めて意外と冷静な人間です。
その子は次の日にメールで泣きそうなくらい反省の内容を送ってくるのですが、
いやいや、そんな大した事でもなかったよ?酒の席ですこしはしゃいだって感じだよ(実際そうでもないのですがね 笑) と、返します。

相手もなんやかんや多少覚えているだろうから そういう時は精神的にもかなりつらいだろうな、、って思うから、その時の内容は相手には言いません。

でもおれだって若い時分から散々酒の席での失敗をしてきた。他人に迷惑というより自爆的なネタな感じですがね。

おいらの一個上の男の先輩友達。この輩は普段シラフでもまるで土足でずけずけと 人の心を傷つけるようなことを平気で言うんですが 笑

いざ自分が少し酒の場で他人に図星のことを言われると、数か月は根にもってそれをずっと言う。
その時の相手の(僕にもそうでしたが)言い方の物まねをしながらね。

気持ちいいくらい矛盾してくれてますが。。。いま現在この歳になっても 実際・・そういうタイプが多い気がするなあ。

俺だって、普段はほとんどの事を受け流す人間ですが酒というのが入ったら思わず本心を口に出してしまうことも、、、多々ある 笑

そういうのが嫌なら、そういう当たり障りないグループたちと 笑顔のまま呑んで分かれて また今度★なんてことをしていればいいのですわ。

述べたように、おいらはそういうタイプじゃないな。

熱い奴は嫌いじゃない。それは自分もそっちの人間・気性なので。高知の船乗りの血が濃いとよく親戚に言われた。合っていると思う。

なので去る者は追わない。それで傷ついちゃったの?ってやつのことも一切追いません。でもちゃんと自分側に問題がなかったか考えますよ。
自分に落ち度があったなら素直に謝る。

なくて、ただの温度差 育った環境による世界観の違い、、であればなおさら仕方ない。

 

ただ世の中この日本の中だけでも色々、1000人1000色な思考の人間がいるわけですから、、いちいちその都度くだらないちっせ~ことで

根に持つなよ・・・と。 人間みな、それぞれ事情やタイミングがあって その都度その瞬間 状況も心境も違うんだ。
その時の状況は自分だけのものではなく、相手の時間でもあるので、複雑です。 でも、ポコポコ相手の事情も考慮せずに発言する人間に限って、自分が言われたらすねてしまう 笑 時限爆弾かよってくらい★笑
いい方悪いけど、女々しいなあ。ってね。

そんなんじゃあイバラの道は渡れない。

あ、渡りたくはないのか★

おれはそういう類の事を言われ慣れすぎている環境ですから、でもイラっとはしますよ 仏様じゃあない。でもこう考えるようにしていますし実際そうなんですが、

「あ~ なるほど。この人はそう思っていたのか。いや、そう思っちゃうような環境で育ってきたのだな。
まあ、でもいっか。その人が言ったことが「世界のすべてではないのだからな。何十億分の一のたった一人の、、たった一つの考え方だ。」

なので傷ついちゃう自分のほうが、もったいない。
なら、言い返すとか、しっかり聞いて反省してみるとか 思いっきり論外ならさようなら~ でもいい。

根に持ってイライラいして相手を「嫌い」になるのはバカバカしい・
その時点で自分が負けているような気がします。それにそう思っている時間がもったいない。
なので逆に おいらが他人からそう思われて嫌いなられて悪口言われたとしたら、まったく気にならない(・v・)あははは~

なので今の自分は 「誰かを嫌いになる ってことはないんです。」
不思議と本当に。

冒頭の子、もう連絡もできませんが、今会えばまた違う話もできたのにあ、、なんて思い出しました。 時と共に全て話のネタになると思うんです。
酒のつまみに★

はい、今回は画像なしの文字だけで読みにくい内容でしたな(=V=)笑
ブログも更新忘れないようにしないと★

今回も見てくれた方 ありがとうございました★

GRIM Works登録商標ロゴ

GRIM Worksロゴ2021年NEWカラー

Pocket
LINEで送る

次へ 投稿

前へ 投稿

コメント入力  【この更に下からはFacebookアカウントでコメント欄からのコメントが可能となっております♪ お友達の方・そうでない方☆お気軽にコメント頂けたら幸いです! 「Facebookにも投稿」にチェックを入れた状態でコメントされた場合、そのアカウントのフィードに公開投稿されることになります(嬉)!♩】

© 2022 錺のジュエリー職人中村裕也の日記~GRIM Works Jewelryデザイナーズ日記~

テーマの著者 Anders Norén

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。