錺のジュエリー職人中村裕也の日記~GRIM Works Jewelryデザイナーズ日記~

☆何事もコツコツ積み上げていく☆という精神で一日を使い切るように地道に進みます。

法に触れていなければ、いくらでも経験して恥じるべき

Pocket
LINEで送る

法に触れていなければ、いくらでも経験して恥じるべき
という題名なんですが、、

まあ、若いうち(いや、まあいつからでも)国が定めた社会通念というか倫理的な、法律を侵さないのであれば、、
人生なんて恥をかいた方がいいのではないのかな、、というお話です☆

仕事や生活など日常においても、みなそれぞれ人の目を気にしては、スマートにやり過ごそうとします。
これは生物では人間だけが持つ性質なのではないでしょうか。

「恥をかく」・・・それは成長につながります♪

企業や事業や一人の個体。。人間としてです。
よく、エリートエスカレーター式で何の苦労もなく(でも子供のころに勉学に励むという苦労はした)
会社に入った時点で上司という存在がなく、そのまま爺になった人間が、やらかしちゃうことって
多々ありますよね。

あれは大学生の頃のままの思考回路だからなんでしょうねえ。
恥をかくのも恥ずかしい、、自分の言動すべてが正しいと正当化してしまっていて、
恥と認識していることをあえて、経験しようとはしない。
避けてさけて通って生きてきたので、
いざ そういう窮地に立った時に、抑えがきかないですし、経験値不足なので、、
まあ世間体的は大変なことになる。。。

あの池袋のなんとか国民様もそんな感じ、、、

話は飛躍しますが、、
僕が10年以上前に、僕の当時の活動に興味を持ってくれた大阪の、、当時はシルバージュエリー系の
卸販売の会社では関西地区ではナンバー2の位置にあった社長から声をかけられました。

当時僕は茨城の土浦というところで工房兼住まいを構えていたんですが、 早速大阪から
営業の男の子が来まして、話はスムーズ、、いやむしろかなりどでかい計画にまで発展したんです。

まだ30の僕は少しだけその気になってしまった。
その社長の噂は聞いた事もあるので、まさかと思いますよね。

何度か大阪に行って、これは現実なのだと感じました。
当時関東のファッションジュエリーの最大手の下請けの大切な仕事をしていましたので、
浮かれることなく、それをこなしつつ、、なので朝から深夜3時まで活動を半年続けたんです。
結果、その最中になんとその会社が倒産して 笑 話は流れました。

しかしその社長は僕の4個くらいしか変わらない(年上)人で190センチくらいで金髪のような頭の
社長??ってタイプでした。

でも気さくで気取ることない、、イメージとは正反対(まあ、この業界で真面目なタイプはあまりいませんが  笑)

ある日、正式に総代理契約して、こちらは奮闘しているときに、電話が入りました。

「なかむらちゃん!!来週さ!タイに飛ぶで!!」

「は? た、、タイ?来週??」

「そうや!こっちは関空からだから現地集合ね!」

「現地集合(@@;)?」(僕は飛行機嫌いなので仕事でLAに一回いったきりです)

あっちの会社でチケットは取ってくれたんですが、びっくりなのはすべて自腹になりました 笑 さすが大阪。。。

2泊3日。
何しに行ったか、結論から申しますと、仲良くなるため ? 笑

1日目は当時日本企業のおかげ・で流行っていたアメリカのシルバージュエリーブランドの「スターナイツ」ってのがあるんですが、そのデザイナー(なんでかタイに住んでいる)と呑んで話して(って言っても英語ほとんどしゃべれないので、、、)

とある、まあ、、タイなので女の子のいるお店、まずはストリップバー(これは何が楽しいのか全く分からなかった)に行って、僕はまだアウェーだし、何が何だか意味不明(飛行機も怖かったし)でボケーと酒呑んでみていたら、それを気遣ったのか? その大物?社長がいきなり、、

様々な人種・種類の入りまじった店内の女の子が半分裸で踊っているステージに向かっていき、
お札?を口にくわえて、寝っ転がりながら、ほふく前進のあおむけバージョンで、まさに女の子たちが踊っているステージに入り込んでいきました!
観客の反応は10人10色

営業の男の子「あれ!あ、、あの人!な、なにやってはるんですかね!(焦る)」
スターナイツ「●●!!ノー!ノー!!!!ノ~~~~!ストップ!!」
僕 爆笑!

摘まみだされて帰ってきて一言!

「なかむらちゃん!うけたやろ!?」
笑 面白かったです。と答えました。

その2日間はその社長とさしで呑んで、色々やらかして、裏から牛刀?みたいなのもったチンピラが出てきて、必死においらが誤ってことなきを得たり、さんざんでしたが、いい思い出です。

ちなみに大阪の社長の言った最後の言葉・・・
「うわあ、、タイにきて女買わなかったの初めてやわあ!」
おいら「いやいや!笑 いいじゃないですか!」

 

…..その社長はその、、倒産した後も唯一僕には連絡くれたんですが、、

最終的に、お互い色々あって手を組むことはなかった。。。。

話は逸れたんですが、人生は恥じることは多いにしたほうがいい。
悔いるような人生はごめんです。
なんでも受け入れていいんですが、法律に反することは、、
長い目で(短い目でも)みても、最終的には負の要素で(当たり前ですが)自身に帰ってくる。。。

それは、目先の「欲」にまみれてしまったときに、、そうなるのではないでしょうか。

性欲 物欲 睡眠、、は大切 支配欲や欲求的な欲、、、

それだけにとらわれている人間は、犯罪を犯す危険がある。

恥かいて、頭下げて、笑われても、、一生懸命に耕している姿は、、
恥ではないんです。

メッキを被って、取り繕って、でも中身は変わっていない人間の方がよほど怖い。

見た目や社会的地位だけで「人」を判断したら、えらい目にあいますよね(@@)

 

ちなみに僕は今まで生きてきて、自ら、そして嫌でも 「恥」をかいて生きてきた。。。
今の僕は更に人の目線を気にしない、、気にならない自分がいます。
己の正しいと思ったこと、直感的にふるまうことは恥ではない☆
むしろ周りを気にして取り繕う方が、人間味がない気がします♪

。。。はい、
今日は思い立ったままペンを(キーボード)走らせてみたので、、
めちゃくちゃですが、 笑

ご視聴、誠にありがとうございました♪

GRIM Works Jewerly
https://grimworksjewelry.com/

Pocket
LINEで送る

次へ 投稿

前へ 投稿

コメント入力  【この更に下からはFacebookアカウントでコメント欄からのコメントが可能となっております♪ お友達の方・そうでない方☆お気軽にコメント頂けたら幸いです! 「Facebookにも投稿」にチェックを入れた状態でコメントされた場合、そのアカウントのフィードに公開投稿されることになります(嬉)!♩】

© 2022 錺のジュエリー職人中村裕也の日記~GRIM Works Jewelryデザイナーズ日記~

テーマの著者 Anders Norén

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。