錺のジュエリー職人中村裕也の日記~GRIM Works Jewelryデザイナーズ日記~

☆何事もコツコツ積み上げていく☆という精神で一日を使い切るように地道に進みます。

お客様が考えて楽しめるジュエリーを提供するSHOP・ブランドを目指しています♪

Pocket
LINEで送る

はい、これはもういつも言っていることですが、

お客様が考えて楽しめるジュエリーを提供するSHOP・ブランドを目指しています♪
これを日々追求しています♪

なぜなら、事業始めた当初は、ブランド生産販売ではなく、他社さまのブランドのOEM制作(他社ブランド生産)や修理業をメインとした本業で長い年月やっていたので、、その当初からの精神論的なものですので、、 ここは他店とは根本的に心理的に違う、、と自負しております♪ この度も、新作の「KING RING」、、をご自身の提案通りのカスタムにしてほしい、、というご依頼がありました♪


(1)シルバーにピンクゴールドメッキ
(2)それに合わせて石を、中央は「合成スタールビー」サイドの小粒の石を
ダイヤモンドで、、
ご予算は¥30、000以内♩
*ちなみにオニキスとブラックスピネルの黒仕様定番品=¥24,800

問題は10×12ミリの特大の合成のスタールビーが、お取引の大手石屋さん
2社でも取り扱いがない(@@;)困った。
でも探しまくりで、なんとメルカリでルースをお安くゲット!
、、なので包み隠さずにお値段(購入価格)を言って、ここの時点では+の加算はなし、、とお伝えしました(^^)
なので、通常オプションのメッキ代金(1000円)とサイドの石がダイヤモンドカスタム(2000円)、、合計3000円の加算で、、トータルが¥27,800です! 、、、予算内ですのですんなりGOサインを頂きました♪
ちなみに定番タイプの「KING RING」はこちらです↓
画像をクリックすると、ショップの詳細ページに飛べます♪(^^)はい。 大人でクールなおしゃれを楽しむ男女にすでにご好評いただいておりますが、、もっと認知度を上げて、もっとたくさんの方に見て頂けるように毎日奮闘しております。。。(>3<) そしてそして、この度の素敵なアイデア♩お客様は、スターのルビーとピンクゴールドメッキで、、「アンティーク調に仕上がってほしい」とのこと♩  
このリング自体、その通りでカテゴリーは「アンティーク」に入っている品物です♪ 完成~納品したときのお客様のご感想をメールで見たときに、最初の1文だけ(@@;)ドキっとさせられましたが、、以下の通りでした(TvT)

「 パッケージをあけて開口一番は「なんですかこれ?」でした。写真でみたルビ
>> >ーの色がかなり強いピンクだったので玩具っぽくならないか心配していました
>> >がその心配は杞憂でした。とても上品で豪華、それば落ち着いた輝きに仕上が
>> >っています。これは予想を随分上回る出来です。デザインのよさは写真でみ
>> >ていた通りでしたがこうして実物を見てみますとまるで違います。この素晴ら
>> >しさは残念ながら写真では再現するのは難しいようです。
>> >
>> >正直に申しますとここまで素晴らしいものが出来上がるとは思っておりません
>> >でした。本当に素晴らしいものを作っていただきありがとうございます。まこ
>> >とに大満足です。いつかまたこのデザインでアレキサンドライトをチョイスし
>> >たものをお願いしたいくらいです。合成でも石のお値段はそれなりにしますし
>> >よいものがなかなか見つからないので大変ですが。
>> >
>> >このたびはまことにありがとうございました。これからもよろしくお願いいた
>> >します。

感無量の瞬間です。
このためにやっていると言っても過言ではない、、そのための自分の生業ですので、、
気が付いたら、いつの日か色々なものが付いてきているだろう。という感覚で
長い年月やってきておりますので、、(まあ、商売はうまくはないですねこれ@@;)

あ、、、浸ってしまいましたが、、遅れましたが、、その完成品がこちらです。(最初に出てるか、、)
サイトの商品ページからの評価もお願いしたところ、、快くコメントと、、
☆☆☆☆☆
最高5の評価!!この評価が僕は昔から言っているのですが、今後の時代、、
とても重要になってくると思っているので、、
とてもうれしく光栄で、、
このお客様の「安心・満足・感動」があり、
自分(GRIM)への評価=財産・信用
につながる、、、という考えはきっとこの先、もしうちが松下電器ばりに巨大になっても(100%。。という言葉は嫌いですが、100%ないですね 笑)
、、この心構えは変わりません(変わったら修正します)。人間、、の心理の部分も含めて、初心を貫き通したいと思っております♪
*ちなみに松下幸之助さんの著書は何冊か読んで、重宝しておりますので、
身分違いな大企業の名前をあげましたが、大なり小なり、経営者の志、お人柄などが、会社やブランド・事業の姿 そのままになるのだな、、と
常々感じます♪

長くなりましたが、お客様があってのGRIMの今と今後です♪
末長いお付き合いができたら本望でございます♪

GRIM Works Jewelry since1999
https://grimworksjewelry.com/
Pocket
LINEで送る

次へ 投稿

前へ 投稿

1 コメント

  1. grim 2019年11月25日 — 投稿者

    テスト

コメント入力  【この更に下からはFacebookアカウントでコメント欄からのコメントが可能となっております♪ お友達の方・そうでない方☆お気軽にコメント頂けたら幸いです! 「Facebookにも投稿」にチェックを入れた状態でコメントされた場合、そのアカウントのフィードに公開投稿されることになります(嬉)!♩】

© 2021 錺のジュエリー職人中村裕也の日記~GRIM Works Jewelryデザイナーズ日記~

テーマの著者 Anders Norén

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。